HOME > 製品情報 > コピペルナー

コピペルナー

コピペルナーは、コピペ判定支援ソフトです。学生がレポートや論文などを作成する際、インターネットや知人の文章から不正な引用(コピペ)を行うことが社会問題となっていることから、金沢工業大学知的財産科学研究所長の杉光一成教授がしくみを考案し、株式会社アンクが開発しました。
(特許登録済 特許第5510912号)

主に大学など、学校でのレポートや論文のチェックの他、一般企業での社内論文や出版社での原稿のチェックなどの用途でご利用いただけます。

なお、コピペルナーは2009年12月末の発売以来、全国の大学を中心に610校の学校に、また271の企業・官公庁・団体等にも導入されています(2018年7月31日現在)。

コピペルナーの導入実績詳細について

「J-STAGE」に対応した
新バージョンの「コピペルナーV5」の発売決定!!

コピペ判定支援ソフト「コピペルナーV3」

クライアントPCにアプリケーションをインストールし、簡単にご利用いただけるクライアント版です。

32bit/64bit対応

詳細を見る

コピペルナー注文フォーム

コピペ判定支援システム「コピペルナーV2 サーバー」

学校などにサーバーを設置し、学校単位や学部単位でご利用いただけるサーバー版です。

32bit/64bit対応

詳細を見る

※有名国立大学・有名私立大学への導入実績あり。
※LMSとの連携も可能。

【重要】コピペルナーV4(Ver.4.0.0〜Ver.4.0.1)をご利用のお客様へ

コピペルナーV4(Ver.4.0.0〜Ver.4.0.1)をご利用のお客様が、チェックを行う際に以下のエラーメッセージが表示され、チェックができない現象が発生しております(2018年5月30日現在)。

接続が切断されました:送信時に、予期しないエラーが発生しました。。

the underlying connection was closed: An unexpected error occurred on a send

ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。
その場合には、誠に恐れ入りますが、次のページより対策済みのコピペルナーV4(Ver.4.0.2)差分ファイルをダウンロードいただき、バージョンアップを行っていただきますよう、お願いいたします。

コピペルナー Ver.4.0.2差分ファイル ダウンロード

ダウンロードなどがうまく行かない場合には、問合せ先 宛にご連絡ください。

コピペルナーの導入実績について

「コピペルナー」は、2009年12月末の初期バージョン発売以来、全国の大学を中心に610校の学校に、また271の企業・官公庁・団体等に導入されています。
用途としては、主に学校におけるレポートや論文のチェックが多いですが、企業や学会における論文チェック、外部ライターの原稿チェック、コンサルティング会社やコンテストの文書チェック、病院の電子カルテチェックなど、学校以外の幅広い分野においても電子文書のコピペチェックツールとしてご利用いただいております。

▼コピペルナーの累計販売組織数(2018/7/31現在)
大学院 大学 高校 中学校・
小学校
その他学校 学会・研究所など
その他団体
一般企業・
官公庁など
25 478 43 14 32 170 101
お問い合せ受付:平日(月〜金)10:00〜18:00 (土、日、祝祭日、年末年始を除く)
※電話でのお問合せが混雑しておりますので、メールでのお問合せをお願いいたします。
お問い合わせ先
担当:前田、佐藤

コピペ問題や著作権に関する資料などをご覧いただけます。

「コピペルナーV4」のFAQはこちらをご覧ください。

旧バージョンのFAQは下記をご覧ください。

下記コピペルナー製品の旧バージョンのライセンスをお持ちのお客様は、こちらから最新の差分ファイルをダウンロードできます。

ニュースリリース書籍情報イベント情報採用情報サイトマップ