[SP改] リスト フィールド デザイナー【カスケード参照ドロップダウン列】

  • [SP改for2016] リスト フィールド デザイナー
  • [SP改for2013] リスト フィールド デザイナー

概要

カスケード参照ドロップダウン列は、リスト フィールド デザイナーのカスタム列の1つで、参照列の拡張機能です。
参照列を、他の列と連動させて、カスケード参照ドロップダウンとして利用可能です。
親子関係のある列で、親の列で選択した値によって、子の列の選択項目を絞り込みます。親には参照列または選択肢列を、子には参照列を指定できます。

リスト フィールド デザイナーには、以下の5つのカスタム列が含まれています。

事例紹介

例えば、「食品分類」という親の列と「食品商品」という子の列があった場合、「食品分類」列で”野菜”を選択すると、「食品商品」列には野菜に関連する選択項目のみを表示させることができます。

カスケード参照をしているリストフォームの例

A.「食品分類」列で「野菜」を選択した場合、「食品商品」列に野菜の選択項目が表示
食品分類列で野菜を選択

B.「食品分類」列で「肉」を選択した場合、「食品商品」列に肉の選択項目が表示
食品分類列で肉を選択

上記カスケード参照ドロップダウン列のために作成したリスト:
  • 食品分類マスター
  • 食品商品マスター
実現している機能:
  • 「食品商品」列を、「食品分類」列に連動させて表示
  • 親の参照列「食品分類」の選択項目を、並べ替え/フィルタリングして表示
  • 子の参照列「食品商品」の選択項目を、並べ替え/フィルタリングして表示
設定画面:

上記リストのリスト フィールド デザイナー設定画面 〜 「参照系列の設定」セクションの「食品商品」列
「食品商品」列の設定画面

特長

  • リストの設定画面で作成した参照列を、リスト フィールド デザイナー設定画面で有効化することにより、カスケード参照ドロップダウン列として利用できるようになります。
  • 参照先には、同じサイト内のリストだけではなく、別サイトのリストも指定可能です(Cross Site対応)。
  • 親の列に指定できるのは、単一選択肢列もしくは単一参照列です。
  • 子の列に指定できるのは、参照列で、単一選択と複数選択のどちらも可能です。
    複数選択が可能なカスケード参照ドロップダウン列を使用したリストフォーム
    拡張ユーザー列を利用したリストビュー
  • 参照先の列の値の並べ替えやフィルタリングができます。
  • 参照先リストのアイテム数 5,000件以上に対応しています。

こんなときに便利です!

  • カスケード参照ドロップダウンの列を使いたい!
お問い合せ受付: 平日(月〜金)10:00〜19:00 (土、日、祝祭日、年末年始を除く)
お問い合わせ先
担当:木暮・城野
リスト フィールド
デザイナー 機能詳細

リスト フィールド デザイナーの他の機能詳細については下記をご覧ください。

「SP改シリーズ」の試用版はこちらからダウンロードできます。

「SP改シリーズ」一覧についてはこちらをご覧ください。

「SP改シリーズ」のFAQはこちらをご覧ください。

SharePointの専門的な技術調査から、ご要望に合わせた機能開発、UIデザインカスタマイズなどを行います。SP改のカスタマイズもご相談ください。

ニュースリリース書籍情報イベント情報採用情報サイトマップ